メッセージ

さらなる発展の手助けを。

いまや渋谷は、世界的に有名な街になりました。
ニューヨークのタイズムスクエアと並ぶランドマークになったという人もいます。
しかし、その歴史はあまり知られていません。渋谷という街は、じつは鎌倉時代から大山街道の宿場街として栄えてきました。
その後、関東大震災後に銀座などから避難してきた有名店によって道玄坂界隈が生まれ、戦後、首都の西側へと広がる住宅エリアへのひとつの要として発展。
つねに新しい人や物が行き来し、劇場や新しい百貨店が開業し、流行や文化の担い手となる自由な人たちが集まり、大資本の計画に左右されない自発的で個性的な街、豊かな混沌といわれる独自の文化を生み出すエリアとなりました。
三丸は深川で創業いたしましたが、1948年に現在の道玄坂下に移転して衣料品店を開業し、1955年に三丸興業株式会社として登記。
以来、渋谷の発展の歴史とともに営業をつづけ、1979年、道玄坂共同ビルを建設、渋谷109などのテナントを配し共同ビルオーナーとして、ファッションや流行の先端とともに渋谷の文化の一端を担ってきました。
弊社は、渋谷が流行を受け取る街から世界に流行を発信する街へと変わってゆく真っ只中でファッション関連商品の販売つづけ、ひとりの渋谷人として、ここに集まる個性や才能への敬意とその一端を支えているという自負をもっております。
一歩先をゆく新たな発想やチャレンジに、この場所でのより良いビジネス機会と販売経験とを提供し、つねに最先端のトレンドを発信しつづける渋谷ならではの文化に貢献しつづけるため、私たちMITSUMARUは今後ともこの街にさらなる刺激を投げかけてゆく所存です。

代表取締役𠮷岡久仁夫